今日は『マッサージ』について書いていきたいと思います。

 

 

マッサージの歴史は古く、何千年も前にさかのぼり、古代中国・日本・インド・エジプトにマッサージを記した文献が残されています。

昔から現在も形を変えながら受け継がれているマッサージですが、大きく分けて二つの効果が有ります。

 

一つは自律神経のバランスを事で副交感神経が優位に働き、精神的な不安やうつなどのネガティブな感情が和らいだり気分が落ち着きます。

もう一つは筋肉の緊張がとれ、痛みなど肉体的な不調を和らげる効果です。

肩こり・腰痛・頭痛などの痛みや、むくみ・炎症を抑える効果も確認されています。

 

予備的であったり相反する結果も多いですが、マッサージには腰痛を緩和し、うつ、がんやエイズ患者の生活の質を改善する可能性があるというエビデンスが報告されています。

マッサージは、訓練を受けた専門家によって適切に施術を行われれば、リスクはほとんどありません。

 

時間をかけてゆっくりマッサージを受けたい方はお気軽にお問い合わせください。

中谷