プロ野球選手や
キックボクシングの選手も来院

ひらの整骨院は
子供から大人まで
スポーツを続ける方を
全力でサポートいたします!

スポーツでの怪我は
『スポーツ外傷』

『スポーツ障害』
あります
怪我は早めの処置が早期復帰につながります

身体に直接負担がかかることによって起こる怪我

骨折脱臼捻挫挫傷肉離れ打撲etc...

脱臼
柔道やラグビーなどで転倒した際、手を着いて肩が外れた

捻挫
バスケットボールやバレーボールなどでジャンプの着地の際足首を捻った

挫傷
サッカーやラグビーなどで相手と接触し太ももに内出血が起こった

肉離れ
陸上競技などで急に走ったり、ジャンプをした際にふくらはぎや太ももに急激な痛みが出た

打撲
空手やキックボクシングなどで打撃を受けて局所的に腫れてきた

 

過度な繰り返しの動作で筋肉や腱に負担がかかり痛めたもの

野球肩テニス肘ゴルフ肘ジャンパー膝ランナー膝オスグット病アキレス腱炎足底筋膜炎etc...

野球肩
野球で過度の投げ込みや崩れたフォームで繰り返しの投球による肩の痛み

テニス肘
テニスでバックハンドを繰り返すことにより肘の外側が痛い

ゴルフ肘
ゴルフの時にクラブのスイングを繰り返して肘の内側を痛めた

ジャンパー膝
バスケットボールやバレーボールでジャンプ動作を繰り返して膝の下を痛めた

ランナー膝
マラソンの練習で走り過ぎたことにより膝を痛めた

オスグットシュラッター病
サッカーやバスケットボールなどを行う成長期の男子に多くみられる膝の下の痛み

アキレス腱炎
ランニングやウォーキングなどでアキレス腱に繰り返し負荷をかけたことによって起こる痛み

足底筋膜
不適切なランニングシューズ、サッカーシューズなどを履いて長時間の走り込み後に足の裏(かかと周辺)に痛みが出た

治療の流れ

ひらの整骨院では、
スポーツ中に起きた捻挫や肉離れなどの怪我は
まず応急処置(RICE処置)を行います。

RICE処置はRest(レスト) Icing(アイシング) 
Compression(コンプレッション) Elevation(エレベーション)の
頭文字を取ってこう呼びます。

Rest
安静
痛めた直後は怪我をした部位を無理やり動かし続けると状態を悪化させ怪我の回復を遅らせる原因になりかねません。
怪我をした部位は動かさずに安静に保ちます。

 

Icing
冷却
痛めた部位を氷で冷やす事で一時的に血流量を抑え、腫れや炎症を最小限に留めることで痛みを軽減させます。
アイシングは凍傷を避けるためタオルなどを一枚巻いて15~20分を目安に行います。

 

Compression
圧迫
痛めた部位を包帯やテーピングで適度に圧迫する事で腫れや炎症を抑えます。

Elevation
挙上
痛めた部位を心臓より高い位置に上げて保持することで患部に流れ込む血流量を抑えて内出血やむくみを防ぎます。

Rehabilitation
リハビリ
受傷直後から2~3日はこれらの処置を適切に行い、
4日目以降からは痛めた部位の状態を診て競技復帰に向けてリハビリなどを始めていきます。

POINT
ひらの整骨院では使い過ぎなどで痛めたスポーツ障害に対してマッサージ・関節矯正を始め、
多くのトップアスリートも使用する超音波治療器で筋肉・腱・靭帯をミクロマッサージにより治癒の促進、
テーピング・包帯による痛めた部位の負担の軽減、正しいフォームの獲得の為のトレーニングや動作指導、
スポーツ前後に行うストレッチなどのセルフケアの指導を行います。

ひらの整骨院では
メンテナンス整体をおすすめしています。

保険治療後に、定期的に治療を受けることにより、
再発防止や継続につながります。

メンテナンス整体の費用についてはこちら